FC2ブログ
--’--.--・--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

- - TOP
Categorieスポンサー広告

私は便宜上「白」と呼ばれます。
嘗てオールド大陸の中央地方に召喚され、ほんの僅か国政を執り行っておりました。
私の事は、ふむむ、旧い政治家ならご記憶に有るやも知れませぬ。

さておき。
今回は内務の業務について案内してみます。

あ、そう云えば。
私「白」が語る一連の記事は数年前に「宿題」として或る人から出された課題だったりします。
当方オールド大陸ではとっくの昔に「死人」なものですから、現在では「物の役にも立たない」可能性が高い事だけは、予めご承知おき下さいね。
また、異大陸の事情はさっぱりなので、この世界全体で一般的に通用するかどうかはまた別の話です。


・政務官の辞令の発行
・国王の指示の周知
・入国管制と国勢調査
・国内の治安保守
・執政に於ける法規の管理


前々回の記事でこの辺りを書きました。
順に紹介して行きます。

政務官の辞令の発行
これも前々回で既述です。

・×月×日/○○氏を/外交官に任命する
・付与される権限(交流外交のみ、軍事的対外交渉について国王と同等の権限、等)
・辞令の発効時期(辞令書を拝命者が受領してから、辞令書が発行され次第、等)

特に各省長官クラスの職だと、有ると保険になるかなと思います。
各省政務官くらいだと、内務で辞令書を発行しなくても各省で適宜任命しているかなあ。
でも特に外交官については、きっちりした方が間違いが起こり難い、或いは処罰が発生した際も事由説明がし易いです。

入国管制と国勢調査
国によっては国民数の増減、国庫等を会議室に記録しているかも知れません。
出入国挨拶スレッドの管理も此処に含まれます。
また、例えば同盟国と「指名手配犯を入国させない」と取り決めをしている場合、この仕事は大変重要です。
国際会議場や外交の間等の該当者リストと入国者を照合して、場合によっては追放措置を行う必要も出て来ます。
但し、無用のトラブルを避ける為にも、まずは退去勧告を行う、或いは理由を添えた上で追放する等、誠意を以って対応するのが望ましいです。
因みに私は怪しい人を見掛けたらIDをチェックしていました。
同日の入国者複数名のIDが連番だったり、警戒していた人の転生後の姿だったり。
怪しい人は内務の省内や国王と情報を共有して、継続して監視すると安全です。

国内の治安保守
国内の騒乱の鎮圧、或いは荒らし行為等のプレイヤーレベルでの問題行動を起こす人の排除です。
前者については、まずは該当者と話し合いましょう。その上で、自分の所持する権限に基づいて行動。
国家形態にも依りますが、独断は厳禁です。
担当者の裁量で国家の最高権力者(国王や領主)の許可無しに追放しても構わない場合でも「報告・連絡・相談」は怠らないようにすると安全です。
後者については、アース神に祈ってみましょう。

執政に於ける法規の管理
役職者の服務規程や、各執政官の辞令や付与された権限について等、明文化した上で保管。
何か問題が起こった際に引用して説明する事も有りますので、ここはきっちりと。
プレイヤーレベルでの事故(パソコン故障等)で記録が紛失する事も有るので、複数名で保管するのが望ましいです。
またそう云った法規が無い国だと、作成して奏上するとぐっじょぶ!だと思います。


今現在思い出せるのはこれくらいです。
トシのせいか細々した所はかなり忘れて・・・って、死人だから関係無いか(笑)
ご覧になって分かるように、内務は基本的に裏方の業務で、生ける文書保管庫です。
根気の要る地味仕事ですが、要職です。
内務の政務官が目立って活動するのは国家にとってはあまり良くない傾向かなあと、個人的には思ったりします。
(会議室活性化の目的での各スレッドへの顔出しは勿論推奨ですが)

また、記事内でも書いたように「報告・連絡・相談」は怠らないようにしましょう。
スポンサーサイト

トラックバック(0) コメント(0) TOP
Categorie内務についてのテキスト

Next |  Back

comments

Post your Comment











 管理者にだけ表示を許可

trackback

この記事のトラックバックURL


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。